NISAでグローバルワンに投資1万円以下でも有望株

2016年からNISAの非課税枠が年間120万円までとなりましたが、それでも限度額があるわけですから、少しでも株価が低い企業に投資するに越したことはありません。最低投資額をもし1万円以下にしたいとしますと、100株単位で1株100円以下ということになります。株価が数十円の上場企業というのは、経営面でそれだけ安い理由があるわけですが、中には、堅実な事業を続けていて今後有望な会社もありますので、該当企業の事業内容を各社検討してみるといいです。投資するメリットがあるかどうかは、配当利回りが行われているかどうかによります。例えば大手企業の傘下でしっかりしていて、事業の内容も今後期待できる企業であれば、現在1万円以下で買える株価であっても、それはむしろ掘り出しものということになります。これからNISAを始めようという人は、1万円以下で買える企業をさがしてみるといいです。NISAではJリート、いわゆる不動産投資法人への投資も可能です。Jリートは都心部の大きなビルなどを対象としたものが多く、それらは一般の人が個人で投資したりはできない物件ですが、この方式だとそれが可能です。また、そもそも、NISAは短期間で頻繁に売買を繰り返すものではないわけですが、Jリートはそれに合うのです。その中でグローバルワン不動産投資法人投資証券は、東京など大都市のオフィスビルを中心にしていますが、このグローバルワンは、最近分配金の増額を発表しました。グローバルワンの所有物件のテナントは大企業のオフィスが多いため、その企業がもし他に移転しますと一気に空室が出る可能性があるのですが、昨期でそれが一段落し、これからは賃料収入が上がることが予想されています。分配金の利回りも期待できるグローバルワンには、ぜひ注目したいところです。