不動産投資の詐欺に注意しましょう

投資とは資金を何らかの商品に投じて利益を得るというものです。投資としてスタンダードなものとしては株や為替などの金融商品と不動産の収益物件などを購入する不動産投資です。しかし、いずれにしてもリスクが付きまといますし、悪質な業者には詐欺行為を働くところもあり、せっかく投じた資金が回収できるどころか借金をすることになるケースもあります。不動産投資の詐欺で多いものとしては、新築ワンルームマンションです。ワンルームであるので必要な資金はそれほど多くなくサラリーマンでも副業として行うことができるものですが、実際にはワンルームにしても普通のマンション、また駐車場など不動産経営を行う場合には利用者が居てはじめて利益を生み出すことができます。また最初に投じたお金が将来の収益を上回っていれば利益を得ることができますが、収益が下回るとすなわち損失になります。このあたりは投資する側のリスクといえるものですが、悪質な業者には言葉巧みに都合のいいことだけを言ってきます。例えば新築という言葉だけでプレミアム価格をつけてくることです。しかし新築は最初の1回きりであり、特に居住者の出入りが激しいようなワンルームでは、新築の価値などあってないようなものです。また築年数が経てば経つほど住宅としての価値が低下していくため、最初に描いたような収入を得られるとは限りません。また一括現金で投資をした場合には、投じたお金が戻ってこなくなるだけで済みますが、ローンを組んで購入した場合には金利を支払わなければならず損失が大きくなりますし、最悪のケースとしては借り手が付かずにローンの支払いだけが残るといった場合もあります。いずれにしても不動産投資を行うさいには、事前にその不動産が生み出すであろう利益を理解しておく必要あります。