不動産投資におけるリスク回避方法

不動産への投資には色々なリスクがありますが、そのリスクごとに回避する方法があります。まず、天災のリスクがあります。天災によって建物が消失したり、あるいは建物が水害にあって使い物にならなくなったりすることがあります。このような状態によって、賃料収入を全く得ることができなくなったり、あるいは賃料収入が減少したりする可能性があることはリスクだといえるでしょう。天災のリスクを回避する手法としては、損害保険への加入があります。火災保険や地震保険などに加入しておけば、もしも建物が傷んだ時にはその修繕費用などを賄うことができるでしょう。ローンを組む際には火災保険に加入しなければならないことが多いですから、割と多くのオーナーが何らかの形で損害保険には加入しているようです。不動産への投資において、空室リスクや滞納リスクは恐ろしい物の一つだといえるでしょう。空室リスクを回避するためには、一括借り上げのサービスを利用するのが最も安全だと考えられます。一括借り上げを利用できるのかどうかは建物にもよりますし、業者側の審査によっても異なりますから難しいところなのですが、契約をすれば空室リスクをゼロにすることも可能です。また、滞納に対しては管理会社などが滞納保証のサービスを提供していますから、これらを利用するのは良い方法です。金利が上昇することで利払によるキャッシュフローの圧迫のリスクがあります。金利情勢が不安定な昨今では、このリスクを避けるのはやや難しいですが、固定金利で借りることができればかなりのリスクを回避できるでしょう。アパート論などには固定金利特約をつけられるものが多くありますから、これを利用してリスクを抑えられます。