不動産投資でよくあるトラブルの事例は、不動産管理に関するトラブルです。投資の中でも不動産投資は他の投資と異なって不動産を所有している本人が取引に参加するという形態を取ることがなかなか難しいものです。そのため、効率的に不動産投資を行っている人は不動産会社と業務委託の契約を行って業務のすべて任せることが基本になっています。しかし、こうした方法を知らない初心者の人は自身で不動産を管理しようと手続きをしてしまう側面があります。実際に不動産の取引を行うときにはかなり面倒な手続きを幾つかしなくてはなりませんので、その段階である程度のトラブルを覚悟しておかなくてはいけません。そもそも、不動産のような資産価値のある大きな買物をするときには、その資産が本当に勝ちのあるものかどうかということを不動産を販売する人間が購入する人間に対して説明しなくてはなりません。これは規定などではなくきちんとした法律的な義務であるため、不動産売買に関して積極的に参加しようと考えている人はしっかりと理解しておく必要があります。仮に、不動産の売買取引において重要な説明がされずにその不動産が販売されて、結果的にそれを購入した人が大きな損失を被った時にはそのすべての責任を元の不動産の所有者がとらなくてはならなくなります。これは賃貸借契約でも全く同じで、不動産を収益物件として投資の対象とするときには部屋を借りる住人に対してその部屋に関する重要事項の説明をしなくてはいけない法律的な義務が生まれるのです。こうしたことが後からわかってトラブルになることは非常に多いので、そうならないようにすべての責任を任せることが出来る業務委託の契約を締結しておくほうが賢明なのです。